栗田(33)は、キャバクラの女性店員(30)に総額約六億円を送金していた。「がんで闘病中」と治療費を求める女性の言葉を信じ、ほとんど会うこともなく約七年間にわたり計三百五十回以上、金を振り込んでいた。
 警視庁によると、栗田は2000年からゴム製造会社「シバタ」の経理部に所属。自ら管理する会社の口座から二億三千万円を自分の口座に送金し、だまし取ったとされる。
 シバタ関係者や訴訟記録によると、栗田容疑者は01年ごろ、葛飾区のキャバクラで、当時二十歳の女性店員と知り合った。何度も店に通い、02年からは月に数回デートをするようになった。
 03年ごろには、女性から「胃がんになった」と相談され、医療費として振り込みを始めた。04年からは「面会謝絶になった」と言われ、女性にほとんど会えなくなった。06年以降はメールのやりとりだけの関係だった。
 女性はメールで「個室に入るので金がかかる」「無菌室を使ったので支払いが高額になる」などと、月に何度も金を要求した。女性は「闘病中」と説明していた間、新宿の高級マンションを借りて住み、金は旅行やホストクラブなどに使ったといいほとんど残っていないという。


 今日ニュースで見たんですけど6億円貢がせたって凄いですね…おかしいと気付かない男と会社にもビックリですがこの女の人は会社の金とは知らなかったという事で罪には問われていません。ただ、ほとんどホストに貢いで残っていないとの事です
 直接お金をもらう事をお水の世界では「直下引き」とか「裏っ引き」とか言いますが、トラブルの元ですのでおススメしません。飲み代に使ってもらって合法的に貰う方が女の子にとっても安全といえます。まあ携帯代や家賃を払ってもらったりしてる子は沢山いますけどね