よくお水は話上手、聞き上手でないといけないといいますが、聞き出し上手というのも加えて必要です。

 大阪の客はたいがい自分から結構しゃべるのですが、なかには連れられて来ただけで自分からあまり話さないお客さんもいます。
 けれどキャバクラに興味がなかったとしても、女の子に興味の無い男はいません。

 そんな時はなにかしら小さい事でも良いので質問してみて下さい。ホストは職業や年齢を聞くのは爆弾といってタブーなのですが、キャバクラではそこまでタブーではありませんし、「休みの日は何してるんですか〜?」とかからでも、そのお客さんの趣味や性格が知れるかもしれません。ホストと違って無視などはされる事はないので安心して聞いてみて下さい。
 そしてできればお客さんが口説きやすい方向に持っていってあげて下さい。

 例えば 女の子「休みの日なにしてるんですか〜?」
     お客 「買い物か食べ歩きかな〜」
     女の子「わー☆私も買い物好きー。ご飯食べたいなー。」
とか、  女の子「彼女いそうですよね〜」
     お客 「いてたら来てへんで。自分いてるやろ?正直にいうてみ」
     女の子「リアルに先週別れちゃったんですよ〜。寂しいぃー」
とかです。ベタですけどお客さんはそういう感じを期待している人が多いのです。