関西クラブ・キャバクラ紹介〜大阪のキャバクラ体験、店選び〜

大阪、京都、神戸を中心に18〜30歳前後の方へお水のお仕事を紹介しています。  経験者歓迎、未経験の方も大歓迎です。

クラブ

北新地の採用基準の高さ

 こんばんは今日は寒かったですねそれもそのはずでもう11月です。
 昨日新地に面接に行ったのですが、最近よく思いますが明らかに北新地全体の採用基準が高くなったと思います。一昨年位なら確実に受かる子で6000円は固いと思う子も落ちたりします。
 理由を聞くとここ1年位で面接に来る子の数が物凄く増えたからとの事です。新地は高条件ですので昔から面接の数は多かったですが、人気店ですと今は一日10人位来るらしいです。
 不況の影響か、アゲハの影響かはわかりませんがやはり年々お水をしたい子は増えているみたいです。
 そうなるとピンポイントで今足りていないお店を狙うしかありません。
 お客さんはレベルが高くなった方が良いでしょうけど女の子やスカウトにとっては採用基準はあまり高くなってほしくないものです。

 関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村

 

北新地の整形率の高さ

 おはようございますお水は今から年末にかけて忙しくなっていくのですが、今年は去年よりはどのお店も良くなっているみたいです。去年はリーマンショックや派遣切りなどのニュースでわかるようにかなり不景気だったんですが日経平均を見てもわかるようにこれから去年より悪くなる事はそうそう無いと思われます。
 ところで北新地で働いている子のレベルは昔から高いんですが、以前受からなかった子が整形して受かっているパターンというのが昔より増えている気がします。
 というより、どうやら整形への抵抗が年々薄まっているので二重、目頭は当たり前で鼻、エラ、リフトアップ、豊胸など何でもアリという感じの子が確実に昔より増えています。
 暴露してくれる子が増えただけなのかもしれませんが、結構劇的に変化する子を見るのは昔より増えたと思います。
 韓国では4人に1人が整形らしいのですが日本もそれに近づいてきているかもしれません。
 僕個人の意見としては、綺麗になれるんであれば別にOKだと思いますが豊胸と鼻の高さをアップするのはやめといた方が良いと思います。
 小鼻縮小などは良いと思うんですけど鼻を高くし過ぎると男っぽくなるのと明らかに整形っぽくなりやすいです。

 ※(決して整形を勧めているわけではありません。奥二重の良さなどもあります)


関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村

 

結婚退社するなら

 国が集計した資料を調べるとスナック、キャバクラ、クラブ、ラウンジなど水商売に該当するお店は約18万店でコンビニは3万8千店なので水商売のお店が結構多い事がわかります。
 よく女の子が年齢を気にして水商売を敬遠する事がよくあるんですけど、普通のOLになっても結局結婚退社するんだったらお水でも良いんじゃないかなと思ったりします。
 OLをしているから良い男と巡りあえるかといったらそうとも限らないですし、そもそも職場恋愛は別れると気まずいと思います。水商売は拘束時間が短いので自分の時間を増やして自分を磨き、良い男を探す方が効率的に思えます。
 結婚をしないという人も増えていますが、そういったキャリアウーマン志向の人こそOLじゃなくてお水で資金を稼いで独立すれば良いと思います。
 
 
 
関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村

キャバクラの必要性

 こんにちは夏がもうすぐ終わりですが大阪のキャバクラは不景気のわりには流行っているキャバクラが多く新店も何個かできています。
 ガールズバーが怒涛の勢いで増えているとはいえ、水商売はキャバクラが未だにメインスタイルです。クラブでもラウンジでも良いのですが、こういった水商売の必要性について考えてみました。
 飲み代は高い出費です。それに通っても付き合う事はほとんどない事もお客さんはわかっています。ではなぜ行くのでしょうか?

 45歳年収600万で妻と子供に距離をおかれている人がいるとします。この人が会社のOLを呑みに誘ったとしたらまず断られるでしょう。何とか3人位一緒に誘えば大丈夫かもしれませんが、恐らく会話はあまり弾まないでしょう。全オゴリでもあまり楽しめないと思われます。
 この人が良い感じのキャバクラに行ったとしたら、可愛い女の子が自分の話をちゃんと聞いてくれ、褒めてくれます。満足度は遥かにキャバクラの方が高いでしょう。
 
 好みの子ができて人生にハリができ、仕事ももっと頑張れるかもしれません。キャバクラは社会に必要です。

関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村
 

北新地ひったくり事件

1カ月分の給料345万円奪われる 新地のホステス
2月28日17時28分配信 産経新聞


 28日午前3時15分ごろ、大阪市北区堂島の路上で、クラブホステスの女性が歩いて帰宅中、後ろからきたミニバイクの男に、現金345万円入りの手提げかばんをひったくられた。男はそのまま逃走。女性にけがはなかった。天満署は窃盗事件として捜査している。


 このブログにも以前書いた事がありますがに大阪はひったくり全国1位なので皆さんくれぐれもお気をつけ下さい。
 月給345万はチーママかママクラスだと思います。この不況にこの月給なので全国に「大阪は景気良いのかな?」と思わせた事でしょう。西日本の綺麗な方が北新地に集まって採用基準が更に上がってしまいそうです。
 実際面接も増えているようでした。レベルは高いですが客層が本当に良いので狙う価値はあります。わりと足りていないお店もありますので是非お気軽にご相談下さい。

なりたい仕事9位にキャバクラ嬢・ホステス

【調査は、「下流社会」(光文社)で知られる消費社会研究家の三浦展さんによる、団塊ジュニアより下のZ世代(15〜22歳)への携帯サイトを使ったアンケート。詳しくは三浦さんの新著「日本溶解論」(プレジデント社)に譲るが▽歌手、ミュージシャン▽公務員▽経営者、社長▽OL−−など30の選択肢から「なりたい職業、してみたい仕事」を選んでもらったところ、「キャバクラ嬢・ホステス」が9位だったというのだ。】
 
 産経ニュース

 女帝や小悪魔アゲハの影響でしょうか年々キャバ嬢のイメージというのが変わってきていると感じていましたが、公務員や看護師を抑えてなりたい仕事9位にランクインしているのには驚きました。
 僕は勿論お水肯定派ですので世間のお水に対するイメージが良くなるのは喜ばしいです。
 そして沢山の女の子がお水で気軽に働くようになってキャバクラで男女が出会う事が普通になってキャバクラが大人の社交場のようになっていけば良いと考えているのですが、さすがにそう簡単にはいきませんかね。



ブログランキング ブログ村
 

 

方言

 こんばんは
4月は進学や就職などで地方から大阪にやってくる人が多いのですが、やってきたばかりなのでまだ方言が残っていています

方言は恥ずかしいと思う人が多いですが、それは間違いです

方言は可愛いです無理に直す必要はないです
イントネーションが違うので話していて新鮮ですし、暖かくて柔らかい話し方になるので愛されやすくなります

大阪弁も方言で人気があります。
標準語は固い感じがするので大阪ではウケがあまり良くありません。

直さなくて良い個性として「八重歯」もありますがこれはまた次回にします。

関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村

聞き出し上手

 これは僕が昔ミナミの紫苑に体験入店した時に教えられた事なのですが、お水は話上手、聞き上手でなければいけないと思いますが、『聞き出し上手』というのも大切です。
 
 話し続けられても辛いし、何もしゃべらないのはもっと辛いです。

 まあ大阪のお客さんは話したがる人が多いので、上手い相づちを打っていれば大丈夫やと思いますが、ベストはやはり聞き出し上手やと思います。何か質問をしてその答えで話を広げていく感じです。

 その際にイエス・ノーで答える質問を続けていくとお客さんはしんどいです。
 
 イエス・ノーではない質問は答えがキーワードになって更に話が広がりやすく、かつ具体的になるので内容がある会話になっていきます。

 本格的な接客に関してはキャバクラの本が最近は沢山出版されているので読んでみて下さい

 収入に直結しますし、キャバクラ以外にも役に立つはずです



関西クラブ・ラウンジ紹介

ブログランキング ブログ村

ホストは大変

 こんばんはもうすぐ春ですけど相変わらず寒いですね

 僕は3年前ホストをしていました。ホストという仕事はかなり大変です。

自分のお客さんを呼べなければ日給3000円で、10時間以上の労働のうえ、凄まじい量のお酒を飲みつつ自分のお金にならないヘルプでも全力で接客をしないといけません。

 売り上げをあげてもTAX抜きの40%バック、つまりお客さんが100万使ってもホストにもらえるお金は100万×(1−TAX20%)×40%で32万です。

 月100万以上売り上げないと労働時間や寿命を削る労働内容からしたら割りに合わない仕事といえます。

 某S店が保障40万円!っていうのをやっていましたがあれは売り上げ達成できなければ激しい罰金で結局20万もないっていうカラクリです。

 しかもホストは週6のレギュラーでなければバックがかなり悪くなるので稼ごうと思ったら週6入らないといけません罰金も当欠2万で無欠10万です。
 

 女の子のクラブもアフターがあったり結構大変ですが、完全ヘルプでも高い日給保証があります

 キャバクラも高い時給が保障されています

 確実にお水は女の子の方が稼ぎやすいといえますね

 

クラブとキャバクラの違い〜お客目線〜

 キャバレーとクラブが合体してキャバクラが池袋に初めてできてから早24年、クラブ、ラウンジよりもキャバクラが増えていき今では圧倒的にキャバクラの数の方が多くなりました。
ニュークラブもクラブという名のキャバクラです(セット料金が違うだけでシステムはキャバクラと同じ)。
 
 なぜそこまでキャバクラが増えたのでしょうか。
それはやはり歳をとればとる程1対1で綺麗な女の子と話す機会というのが少なくなるからです。クラブは複数接客なので個人的に込み入った話をするのが難しく、恋人気分は味わえません。これがキャバクラが成長した原因と考えます。

 ですがクラブがなくなる事はないでしょう。高級クラブの店の中に入った事がある方ならわかると思いますが、あの贅沢でゴージャスな雰囲気はキャバクラには出せないです。現実離れした豪華な空間に酔いしれるならクラブです。

 同じお水なのですが目的が微妙に違うので、どちらが素晴らしいかという議論はナンセンスです。

 一概にはいえませんがキャバクラは女の子に酔いたくて、クラブは贅沢な空間で遊んでいる自分に酔いたいのではないでしょうか。